子どものためにマンションを売って一戸建てを買いました♪

 

結婚してすぐにマンションを購入しました。
新築の2LDKで、夫婦二人で暮らすには十分な広さでした。

 

初めてのマンション購入ということもありいろいろ内見をして、家事の導線や駅へのアクセスなどを考えて決めました。

 

共働きだったため子どもはなかなかできませんでした。
しかし、結婚5年目になんと妻が妊娠。

 

そして、1年後に長男が生まれ、私の意識も生活もガラッと変わりました。

 

子どもが生まれて、「もっと広い家」「子育てに適した環境」で暮らしたいと思うようになりました。

 

でも、住宅ローンはあと25年くらい残っています。

 

そんな状態で、新しい家に住み替えるなんて夢のまた夢だと思っていました。

 

 

しかし、子どものためにもなんとか環境を変えたい。
妻とも毎晩話しました。

 

そして、お金がなんとかなるなら住替えをしよう!
ということになりました。

 

 

それからまずは、このマンションがいくらになるのか気になったので相場を調べました。

 

すると、意外と高値が付いている物件もあり、期待が高まりました。

 

 

正確な査定額が知りた位と思い、不動産会社に査定をお願いしました。

 

1社だけだと不安なので、3社に査定してもらうことに。

 

すると、

 

2,200万
1,800万
2,300万

 

と500万円の差が!!!

 

やはり1社だけだとわからないものですね。

 

もし、2300万円で売れたら、ローンも完済できるし、新しい家の頭金にもなるとウキウキした気分になりました。

 

 

それから、あれこれ勉強をしていくつかわかったことがあります。

 

  • 査定額はあくまで査定額!その価格で売れるわけじゃない
  • 仲介手数料は3%+6万円が相場
  • ローン残債は現金一括払い

 

査定額はあくまで査定額

まず、この中古マンションを購入するのは不動産会社ではなく、この家に住みたい人ということ。

 

だから、いくら不動産会社が高く査定してもお客さんが「買う!」と言わなきゃ売れないんです。

 

高値で契約して、売れないから徐々に値下げされる

 

ということもあるので、査定額だけじゃなく、営業マンの印象や会社の信頼性も大切なポイントということです。

 

 

仲介手数料

仲介手数料は売買価格の3%+6万円が相場です。

 

つまり、2,300万円で売れたら

 

2,300万円×3%=69万円
69万円+6万円=75万円
75万円×108%(消費税)=81万円

 

ということで、仲介手数料は81万円かかります。

 

また、印紙代や抵当権抹消登録費用もかかるので、85〜90万円くらいになるでしょう。

 

 

ローン残債は現金一括払い

 

ローン残債は現金一括払いをすればOKということ。
なので、なるべくローン残債プラスアルファ(手数料分)で売りたいところです。

 

うちの場合はラッキーな事に200万位プラスになりました♪

 

これで、ローンを完済して新たな家の頭金もできちゃったわけです。

 

 

おわりに

今は、4LDKの一戸建てに住んでいます。
広いリビングで毎日子どもが走り回っています。

 

そんな姿を見ながら「思い切って前の家を売ってよかった」とつくづく思います。

 

家も広くなったし、周りの環境もとても良いです。
自然もあるし、近くに公園やお店もあって子育てにとても適しています。

 

近所づきあいも無理しなくていい程度で本当に快適になりました。

 

 

あの時、マンションの査定をして思った以上に高い値段で売れることを知らなかったら今の生活はないと思います。

 

もし、「今よりいい家に住みたいなぁ」と漠然に思っているなら、まずは査定をすることをおすすめします。
思った以上に高値で売れて、住替えの選択肢が出てくるかもしれませんよ。

 

査定をしたからといって必ずしも売らなきゃいけないってことはないし、不動産業者からの営業も全くないです。

 

 

>>不動産一括査定はこちら<<

 

 

 

行動しなくてもいいと思うけど

査定するかしないかは、自由です。行動しなくてもいいと思う。

 

ただ、今より良い生活を送りたいと思うなら、一歩を踏み出すのは今かなと思います。
その一歩が人生を変えるきっかけになるかもしれないですから。
大げさかもしれませんけど・・・。

 

査定にはお金はかかりません。
ちょっとの時間(1分くらい)できっかけをつかめるなら、行動するのは今かと。

 

>>不動産一括査定はこちら<<