☆防風通聖散ってどれがいいの?YDN

 

結論!結局どれも一緒です。でも・・・

防風通聖散の漢方薬っていろんなメーカーから出ていますよね。

 

有名なところではツムラやロート、クラシエがあります。

 

小林製薬の「ナイシトール」やクラシエの「コッコアポ」も防風通聖散です。

 

 

これだけいろんなメーカーから出ていると「どれがいいのかな?」と悩んでしまいますよね。

 

 

でも、基本的にはどのメーカーの商品を選んでも変わりありません。

 

商品によっては満量処方や1/2処方などがあります。
これは、使用している原生薬を使っている量です。

 

効果を得たいなら満量処方のものを選ぶといいでしょう。

 

多くのメーカーで満量処方の防風通聖散が出ています。
だから、基本的にどのメーカーのものを飲んでも効果は変わりません!

 

それなら価格が安いほうがいいですよね。

 

では、有名商品を比較してみましょう。

 

 

違いは価格!1日辺りの価格に注目

 

原生薬の量も同じ、効果も変わらないならなるべく安く買えるほうがいいですよね。

 

そこで、各メーカーの防風通聖散を価格を比較してみました。

 

 

生漢煎 防風通聖散

 

 

通販限定なので、ツムラやロートなどよりは知名度は低いかもしれません。
しかし、なんといっても価格が安い!

 

初回限定で1箱30日分が通常7,800円のところ3,900円(送料700円)

 

なんと1日辺り130円とかなりお買い得です。

 

定期購入にすれば初回の送料は無料ですし、2回目以降は5,900円で購入できます。

 

1箱5,900円だとしても1日辺り196円です。

 

漢方薬は効果があるまで時間がかかります。
だから、なるべく続けたいので買い忘れがない定期便は嬉しいですよね。

 

定期は嫌だ!という方も、初回は半額なので薬局などで買うよりはコストは抑えられるでしょう。

 

価格 内容 1日辺りの価格
3,900円 90包 30日分 130円

 

 

 

 

ロート 防風通聖散錠満量

☆防風通聖散ってどれがいいの?YDN

ロートから出ている満量処方の防風通聖散です。
原料の製薬の調達や加工まで自社内で行っていて品質管理には自信があるそうです。
錠剤タイプなので、飲みやすくなっています。

 

価格 内容 1日辺りの価格
5,300円 264錠 22日分 240円

 

 

 

 

小林製薬 ナイシトールZ

☆防風通聖散ってどれがいいの?YDN

CMでもおなじみのナイシトールです。
ナイシトールシリーズの中で一番有効成分が配合されているタイプです。
CMもやっているし有名なのでついつい手を伸ばしたくなりますが、いかんせん価格が高い!
1日あたり285円なので、最初に紹介したものよりも倍くらいの価格です。
効果は同じなのに、お金は倍払うのはもったいないですよね・・・。

 

価格 内容 1日辺りの価格
6,000円 315包 21日分 285円

 

 

ツムラ62番は処方箋が必要

漢方薬といえばツムラのイメージが強いですよね。
比較表にもツムラが入っていないと疑問に思った方もいると思います。

 

ツムラから市販されている防風通聖散は1/2処方で有効成分が少ないので今回は乗せませんでした。

 

ツムラで満量処方されているのは62番です。

 

しかし、この62番は処方箋が必要なんです。
処方箋が不要な商品もあるのですが、それだと原生薬の量が減ってしまいます。

 

いちいち病院へ行って処方箋をもらうの面倒なので、ツムラ62番と同様の効果がある防風通聖散を選ぶほうが良いかもしれませんね。

 

 

おすすめは生漢煎 防風通聖散

以上のことから、一番コスパが安くておすすめなのが生漢煎 防風通聖散です。

 

 

有効成分はロートやナイシトールZよりもやや少ない4,500mgですが、コスパの良さには敵いません。

 

防風通聖散ってどうなんだろう?本当に効くのかな?

 

迷っている方は、初回半額なので是非試してみてください。

 

→生漢煎 防風通聖散の詳細はこちらでチェック